Gazelle
2020年09月25日更新 1874 Views

POR(Plan Of Record)とは何か?

ソフトウェアプロジェクトで「PORのマイルストーンがこの時期にあるから、それから年末にかけて実装作業が忙しくなりそうだ」 みたいにPORが使われるのだが良く分からない。

幸いMicrosoftのDevBlogで解説があり、以下のように使われる。

// 上記のビデオは現在の考えを示しているけど、それPORじゃないよね?
The above video shows our current thinking, but it is not POR.

通訳すると、まだ最終的に合意が取れたものでないよね?途中段階のものだよね?という意味である。各ステークホルダーが合意していることがまずポイントである。PORが機能の振る舞いを定義しているものであることも重要なポイントである。

次の例として計画を示すこともある。

// 8月の最初のWindows InsidersアップデートのPORは、機能Xをサポートすることです
The POR for the first Windows Insiders update in August is to support feature X.

また、PORは計画であり、合意が取れたものであるが、immutable(=変更不可)ではないとの事。あまりよろしくないが変更があれば柔軟に対応することも可能である。

まとめるとPORは各ステークホルダーにより同意された機能の振る舞い及びそのリリースまでの計画のことである。

機能の詳細の意味と実装の計画という異なる意味を含む複雑な言葉ではある。より端的に言うと合意済みの次期開発計画といったところか。PDMがPORを連発してきてもきょどらないようにしておこう。

ホームへ戻る