Gazelle
2020年08月09日更新 4797 Views

NodejsをLinuxでVersion指定でインストールする方法

単純にyum install nodejsを打ってもかなり古いVersionのnodeがインストールされてしまい、使えない事が多い。今回システムワイドにrootユーザに対してnodejsをインストールする必要があったが、最新のLTS(Long Term Support)バージョンを使用したかったためその備忘録。
https://github.com/nodesource/distributionsを具体的には参考にして欲しい。

node versionを指定。何故かrootユーザでないとpermissionエラーで上手く動かなかったのでrootで行う。

# curl -sL https://rpm.nodesource.com/setup_12.x | bash -

これを行うとyumを使用したときに入るnode versionが変わる。今回12系を入れたいのでsetup_12.xとしている。

nodejsをインストール

# sudo yum install -y nodejs

これで指定VersionのnodejsをRootユーザに対してインストールすることができた。

関連記事

npm moduleを個人開発目的で作成し、アプリ側で使う方法をまとめます。ローカルで作成したモジュールをnpm installで取り込む、npm linkを使用する、github private repositoryに上げて取り込むなど。
2020年10月03日
ホームへ戻る